ホームへ戻るの下のイベント・セミナーの下の平成28年度 第3回IT研修

<平成28年度 第3回IT研修>
レスポンシブで始める、モバイルフレンドリーなマルチデバイス対応サイト制作研修

終了しました。

スマートフォンが発売されてから、ずいぶん経ちました。いまでは、若者のトレンドから、誰もが持つ必須ツールになっています。

タブレットもようやく普及してきて、ご年配の方を中心に利用者が増えています。

そんな背景を受けて、検索エンジンでおなじみのGoogleが立ち上がりました。すべてのサイトが『モバイルフレンドリーであること』を提唱しています。

『モバイルフレンドリー』 とは、スマホ・タブレット・パソコンなどを問わずマルチデバイス(すべての機器)で訪問者がみやすいサイトにするということです。

サイトがモバイルフレンドリーかどうかにより、スマホでの検索順位に影響がでるそうです。

▼【モバイルフレンドリーテスト】のページで、自分のサイトがモバイルフレンドリーかどうかを確認できます。

これからは、スマホやタブレットでの閲覧を考慮したサイト設計が必須です。

この講座では、『モバイルフレンドリーなマルチデバイス対応サイト』を作るために必要な基本の知識を学びます。

★11月22日に、イマドキWebサイトへステップアップ! HTML5+CSS3コーディング基礎研修を開催します。
合わせて受けていただくとより理解が深まります。ぜひ、ご検討ください。

開催概要

開催日時:平成28年12月13日(火)10:00~16:00(受付開始 9:30~)

開催場所:奈良県立図書情報館 2F セミナールーム
(奈良市大安寺西1丁目1000番地) TEL:0742‒34‒2111(代表)

駐車場はありますがスペースに限りがあります。なお、駐車料金は1時間まで無料で、それ以降は1時間毎に100円となります。

受講料:4,000円(テキスト代含む)

定員:下記の「受講に必要な条件」を全て満たしている
         奈良県内中小企業のみなさま 15名 (お申し込み順)

※ 同一企業から複数のお申込みは、お二人目以降の方の受講は空きがある場合とさせていただきます。

※ 団体等、県内中小企業以外からのお申し込みは、定員等の都合により、県内中小企業者様を優先させていただき、お断りさせていただく場合があります。

受講対象者

受講に必要な条件

以下の条件を全て満たしている場合に限り受講が可能です。

カリキュラム

●マルチデバイス対応のための基礎知識

●マルチデバイス対応のページデザインとは

●モバイルフレンドリーなサイト

●viewport(ビューポート)を適切に指定する

●基本構造は、Fluid Grid(フルードグリッド)で作る

●Media Query(メディアクエリー)の記述方法と仕組み

●レスポンシブWebデザインを使ってページをつくる手順と方法

●画像をより軽く、きれいにする対応とは

●速く表示するために必要なこと

※研修の進捗状況により一部内容が変更になる場合があります。あらかじめご了承ください

使用ソフトウェア

講師

森 和恵 氏(r360studio)

フリーランスで活動するセミナー講師。数社にてWeb制作、インストラクション業務を経験後、現在はWeb系セミナーの講師として活動中(Dreamweaver CS5 アドビ認定インストラクター(ACI))。 著書に「よくわかるFireworksの教科書」など。

「むずかしいことでも、わかりやすく伝える」をモットーに、クリエーター時代の知識を講師の立場から、皆さまに役立てていただければ…と日々精進している。今後は、eラーニングや電子出版の形式で、Web制作を学ぶための教育コンテンツに注力する予定。

問い合わせ先

(公財)奈良県地域産業振興センター 総務企画課
TEL:0742-36-8310